ウォーターサーバーのカビ対策について

私たちの生活に浸透しつつあるウォーターサーバー、いつでも飲みたい時に、冷たい水や温かいお湯がすぐに出てくるという、なんとも便利な道具です。
しかしながら、そんな便利なウォーターサーバー口コミにも、落とし穴があります。
それは、普段は見えないところに潜んでいます。
なんと!主に注ぎ口に発生するカビです!また、その下にある受け皿も、カビの発生しやすい代表です。
注ぎ口や受け皿だけでなく、ガロンタイプの場合、内部に空気が入り込む構造のため、水そのものにカビが発生し、飲み水に含まれてしまうケースもあります。
これを防ぐには、どのようにしたら良いのでしょうか?
まず、すべてのウォーターサーバーに言えるのは、注ぎ口の掃除です。
定期的に、清潔な紙や布でふき取り、吹きかけるタイプのアルコールで除菌するのが良いでしょう。
受け皿については、取り外せるものは取り外し、食器洗い用洗剤で洗浄し、よく乾かしましょう。これも、アルコール除菌をすると、なおいいですね。
また、サーバー自体については、定期的に、業者にメンテナンスを依頼しましょう。
カビは、多くの種類があり、目には見えないけれど有害なものもあれば、目に見えて毒々しくても、実際には有害な影響をもたらさないものもあります。
いたずらに騒がず、けれども出来れば、清潔に、安心して、快適に使えるウォーターサーバーライフを送れると良いですね。
あなたも一度、ご自宅のウォーターサーバーの注ぎ口を、そっとチェックしてみては・・・?